semina jyosei - 女性アスリートのボディコンディションで何を調整したら良いのか

女性アスリートのボディコンディションで何を調整したら良いのか

コーチング ニュースなど
banner t note - 女性アスリートのボディコンディションで何を調整したら良いのか
パドルが流されないようにリーシュをつけるといいかもね。
q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07TYYFL2R&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=foch20101010 22 - 女性アスリートのボディコンディションで何を調整したら良いのかir?t=foch20101010 22&l=am2&o=9&a=B07TYYFL2R - 女性アスリートのボディコンディションで何を調整したら良いのか

女性アスリートの「エネルギー不足」が問題となっている日本のスポーツ界において、体脂肪を減らすのではなく、「除脂肪体重(LBM)を増やす」という認識が求められているということなのです。

pub kanunohon02 - 女性アスリートのボディコンディションで何を調整したら良いのか

BMIとLBM

健康作りのための体重コントロールとしてはBMIという指標は大学の体育の授業講義を聴けば知っていると思います。ちなみにBMIとは、成人の肥満度を知る為に計算する式があり、「体重÷身長÷身長=BMI」というものですが、アスリートなどの筋肉質の人ほどBMIが高い数値を示すようです。一般的には18.5~24.9の間の数値ならば標準体重とされています。

女子の選手はエネルギー不足が良く言われます。
選手は体格が大きなエネルギー差を生み出すので、女性は高身長なほどエネルギーを持てる可能性が大きくなるのです。より強い選手になるために、体を大きくしていくことは本気でスポーツを行っていく人にとって、大きな問題となっており、どのようにしたら身長を伸ばせるのか全くわからないのです。
遺伝もありますが、親と全く同じ体型になることはほぼ無く、子供の方が背が高いというのが現在では一般的です。これは、戦後の食事事情の影響と生活環境、スタイルの影響がかなり大きいものですが、現在、それが行き詰まっていると感じられるかも知れません。
専門家によるアドバイスを求める時代といえるでしょう。

Lean body massを略してLBMと呼びます。
LBMの測定として、体の脂肪を抜いた分の体重を指すというもので、筋肉や血液や骨などの構成部分の測定されると予測されるものです。
LBM算出式LBM(kg)=体重(kg)×(100-体脂肪率(%))÷100
LBMI(筋肉指数)算出計算式LBMI=LBM(kg)÷身長(m)÷身長(m)
数値が低いほど筋肉量が少ないと想定されます。

女性アスリートヘルスサポートセミナー2020

大人のアスリートも使える “成長サポートアプリ” を初公開するそうです。選手や監督など指導者の方も知識を身につけてコーチングに役立ててはいかがでしょうか。
日 時: 2020年2月8日(土) 14:00~17:00
会 場: 順天堂大学 本郷・お茶の水キャンパス 第2教育棟 401教室
       東京都文京区本郷2-1-1
対 象:アスリート、保護者、教員(養護教諭含む)、コーチ、サポートスタッフ、指導員、スポーツ組織関係者、報道関係者 等 
定 員:130名
お申込締切日:2020年2月3日(月)※定員に達した時点で申込締切となるようです。
(リンク順天堂大学)https://www.juntendo.ac.jp/athletes/news/20200109-02.html?fbclid=IwAR2Xm2IolFh6AldAL7ztYf65Q_1BJiok9a61FOgAwOYBhfvCnTaFG6cL0cs

b3330b31e37ec7263946610dc7db3e9b - 女性アスリートのボディコンディションで何を調整したら良いのか
puv cknm0012 - 女性アスリートのボディコンディションで何を調整したら良いのか
canoekayakbooks - 女性アスリートのボディコンディションで何を調整したら良いのか