フランスの大学のトイレで

いきなりこんな写真で失礼!
m(。・ε・。)mスイマソ-ン
でもこのトイレットペーパーの巻き具合みて欲しい
でかいでしょ30cmぐらいあるんです。
これはどこかというと

たぶん日本人で だれも入ったことが無い
フランス国立美術大学のトイレ

入り口の門を入ると古い通路がある、そこの壁には石膏で出来たような
大理石を彫ったパネルがずっと続いている。
そして校舎の中へ、幅5mほどの廊下から古い教室に入ると
天井が高いので上下2段に仕切られている。 上の階では生徒がグループごとに
何かをやっている、(・。・)oui(・◇・)non゙(・△・)c’est(・0・)bon(・ー・)その部屋の出口付近には自動販売機 そして奥の階段がある。

教室手前の廊下左は綺麗な最近できた校舎裏庭へ出られるが、外へは締め切られていて、警備員も要るので出られない。
その途中にといれがあるんだけど、 急に汚れまくっていて落書きだらけ、
流すときは上から釣り下がっている紐を引っ張る、ナツカシーww( ̄Д ̄;)wワオッ!!
結構広そうで狭い大学なのです。 でもこれ座る時はどうするんだろう?便座ないよね...??紙はあるけど...?
071fr%20%2830%29 - フランスの大学のトイレで

SANY0162 scaled - フランスの大学のトイレで
SANYO DIGITAL CAMERA

レストランんのルールが分からず損したぜw

もう食事にはお金かけてレストランでも行かないとおいしいものは食べられないのかと思っている人も結構いるのでは
?(´_`。)グスン

ラファイエットの本館の一番上の階にレストランがある。と言ってもセルフなんだけど、ここの席数はものすごく多い。200テーブル以上ありそう。
でもいつでも満席状態なのだ
。(; ゚ ロ゚)満!( ; ロ゚)゚ 員デス!!( ; ロ)゚ ゚トー!!!

とりあえず、トレーをもって選ぶわけだけど、一番初めにパリに来たときに、失敗したのがここだった。
ガ━━(= ̄□ ̄=)━━ン!! それはトレーの上にお皿を載せてお皿に色々盛っていくのだけれど、10cmぐらいの小さな皿にレタスをホンノちょっと、ハンバーガーに挟むくらいの量をのせて、その後大きなプレートを乗せてレジへいったら、その小さなお皿だけで3.5ユーロ(560円)も取られたのだ!!

そしてもうひとつ、水の場所が分からず、また単品でジュースを買ったら2.5ユーロ(400円)、セットなら1ユーロもしないのに、無駄なお金をつかってしまった…といいたいが これは日本にいては学べないこと、それも面白かった。
おかげで、2度は失敗しない、他の店でもつうじたのだから。

パリのお店何処でもそうみたいだが、一枚のお皿にいくら盛ろうが値段は同じ、知らずに勉強代払ったと思った旅行者も多いのではw。
しかし、プレートのセットはおいしい 量も結構あって、味も日本人でも受け付ける.
サラダ好きな僕は満足だった。
ε= (^0^*)マンプクジャ!

それ以来、食事に迷うと地下鉄に乗ってココまでたべにくるのだった。
プレートのメニューは サーモン系か 鶏肉系、かハンバーグ系、スープはでかいボールに飲めるのか!っていうぐらい入れたし。レジの前にフランスパンの半切りが0.8ユーロで置いてある、街のカフェよりも充実していた。こんなに沢山食べるのは僕ぐらいみたいだった。

SANY0150 1 - レストランんのルールが分からず損したぜw

角の窓だけエッフェル塔が遠くに見えるのも好きだったが、そこはまず座れることはむずかしい。
一度イギリス人の老夫婦の隣が1つイスが開いていたので座らせてもらった。
彼らに紳士的な対応のおかげで、逆に喜ばれたのが印象的だった。

安い赤ワイン
_Y_ヽ(゚▽^*) ワインイカガ?
とアップルパイを食べながらゆっくりしたときもあったが、僕はお酒は弱い!真っ赤になってフラフラと帰ったのを覚えている
。(=^~^)o∀ウィー

ラファイエットは買い物は高いがレストランはお気に入りだった。

サントクロディルト教会

ツインタワーセーヌ川が見えたときセーヌ川越しに二つの塔が見えた。
その塔に何故だか行ってみたくなった、正体を知りたくなったので、セーヌ川を渡らなければならない、しかし橋のあるところに行くとその塔は見えなくなってしまった。

なんとか、見える場所を探す為に背の高い石のビルド越しに裏通りをカクカクと曲がりながら歩いていた。

そこはサントクロディルト教会だった。
教会の前には小さな公園。数人の子供達が遊んでいた。
教会の前には誰もいない。

入れるのか?
とりあえず入ってみて何かやっていたら、出てしまえばいいだろうと、扉に近づいた。
扉は高さ2mもあるものがあり、右側の入り口と左側の入り口とは6,7mは離れている。
どちらの扉から入ってみようか考えたが、もう夕方4時どっちでも同じだろうと、右側から入る。
扉は結構重たい。
扉の横には色々なことが書いた紙が張ってあった。

SANY0070 scaled - サントクロディルト教会
SANYO DIGITAL CAMERA

扉を開けると、真っ暗
もうひとつ扉があった。
それをあけたとき
とても驚きの出来事が… 07france%20%2824%29 - サントクロディルト教会
薄暗い大きなドームの中へ入ったようだ。
夕方4時になった。
何処からとも無くパイプオルガンの音が大きなドームに響き渡る。
時間になると演奏がはじまるのか…

教会の中央は座席が並んでいる。
その横の広い幅の石の通路をゆっくり進んでいった。
横には座席に座った人が数名みえた。
座席の区切りにはロープが張ってあり、ロープの切れ目が座席への入り口になっていた。

大理石の太い柱をぐるっと回るととてつもなく高い天井が広がっていた。
入ってきた方向から音がするが平場にはオルガンなど無い。
音のするほうへと見上げていくと

な ん と

そこには5mぐらいの幅のおおきなパイプオルガンを演奏しているではないか!
(ビデオで撮ったがうまく張ることが出来ないので写真で)ワーイ ( ^-^)o-o<※ ☆ パシャッ
演奏は賛美歌だろう約10分ぐらい演奏されていた。
僕はずっと座っていたわけではなく教会をぐるっっと一周まわったのです。
壁には4種類の石版が繰り返し張ってあり、その彫られたものは、キリスト誕生から
十字架に貼り付けされて、悲しみのみながキリストを囲むまで。

そして一番奥には祭壇があった。
どこの教会にもロウソクがおいてあり赤が2ユーロ 緑が1ユーロの 献金になる。
僕は小さいときに幼稚園が教会だったおかげで、教会の作法は知っていた。
ローソクに火をつけて置いた。火は他のロウソクからもらって火を繋げる。
まだ賛美歌は演奏されていた。

広い教会だ。
席に座っている人はまばらというより殆んどいない。
日曜日が教会の日だから、観光客しかいなかったようだ。

演奏はおわり、とても得した気分 BGM付で教会を探索できた。
出口へ行く先ほどの反対側から出ようと又重い2枚の扉を開けた。
教会は薄暗かったので、夕方のパリの街がまだ明るくみえた

リレー

この 箱 教会の入り口にあったんだけど、ナンなのだろう?
Le Relais リレー ってかいてあるけど、リサイクルのはこなのかな?
なにか確かめずに写真だけとって後で調べようと思った次第です…
07france%20%2821%29 - リレー
ヒント?
Pas de vrac,
des habits en bon etat dan des sacs dermes.
ナンだろう?

SANY0222 scaled - リレー
SANYO DIGITAL CAMERA

聞いたらフランスの人がおしえてくれたじょw
2010年11月
C’est une boîte à don..
On y met de l’argent par exemple. L’association LE RELAIS récupère cet argent pour l’utiliser à aider les personnes dans le besoin。
寄付の箱なのねw

パリで見かけたホットドッグ

北欧のほうではこういう形が結構あるらしいが、ぼくは始めてみた。
シャイヨウ宮の坂の下に売店があった。昼も過ぎ小腹が空いてたので、
ちょっとよることにした。
お店は結構込んでいてお客が注文を次々してる。
クレープ、サンドイッチ、色々かいてあった、ふと見るとホットドッグって書いてある。
パリで始めてみた、これは食べてみようと注文、フランス語は H を発音しないので、オットドッグ。
注文すると、ケチャップ それとも マヨネーズ と聞かれた。
マヨネーズのドッグなんて… 普通のケチャップのにした。

あと、オレンジジュース、 何度たのんでもオレンジの発音がよくない、アン ドレンジジュ SVP, もう一度こんどは 「あと オレンジジュス」 こっちのが それっぽかったのか?
出来上がりを待つのです。

SANY0076 - パリで見かけたホットドッグ

ホットドッグの人?ハイと 渡された のは
また、
フ ラ ン ス パ ン
ここは何処まで行ってもフランスパンなのね(ToT)
その形が
こんなのです。
20090603 hotdog - パリで見かけたホットドッグ

フランス人の髪形

ずっと、思っていたが、国によって顔や髪型、髭などの特徴があるみたい。
フランス人の殆んどはショートカット
ショートと言ってもスポーツ刈りに近い。
長い人はいないな、と思っていたら学生の長い髪を発見

この男の子たぶん高校性が大学生
はプラトンみたいな、よく映画に出てくるような髪形
おもわず「あーーーーーっそんな感じと思ったよ」

で7:3分けぐらいの人は一人だけいた
すかしているやつみたいなポジションだったな。

SANY0123 scaled - フランス人の髪形
SANYO DIGITAL CAMERA

日本の男の子はジャニーズみたいに長い子ばっかりだけど、
向こうにはいなかったな。

短いのは軍があるのも影響しているのかな?
まぁさっぱりして さわやかなのは 間違いないけどね。

行き止まりの地下の扉

改札を出たら、いきなり行き止まりになった。こんなことがあるのか?
突き当りには大きな銀色の扉が…
地下鉄から地上へ出るのにL’ASCENSEURでないと出られない出口。
何処の出口へ行くのかも分からないが、この先道はもどって他のプラットホーム
へ行くしかない。

乗るしかないのだ。
エレベータの入り口にはボタンが無い。
エレベーターは勝手にやってきた扉が開いたが何階へ行くかのボタンも無かった。
見上げると左上に赤い数字がある。

数字は段々減ってきている。
人が徐々に乗って増えてくる。
数字がどんどん0に近づく。
でも、あせって走って乗ってくる人はいなかった。

数字は秒数だった。勝手に扉が閉まり上の階で開く。そして、また時間まで待っているのだ。

ガムテープってフランス語でなんていうんだ?

パリで一番困ったのがこれを買うときだった。辞書も持ってないし、本屋に日本語の訳書があるわけも無い。

一か八かで色々聞いてみた。
店の店員に最初は ガムテープ と だめもとで言ってみたがあっけなく玉砕w
でビニールテープ、プラステックテープ、セロテープなどもだめ、貼り付けるこれが思いつかないというより、一度も勉強したことが無かった。
で手でこれをくっつける動作をジェスチャー。3人聞いてもだめ。
一番腹が立ったのは、万年筆のマネキン(マネキンとは日本の俗語、メーカーから派遣されている販売員)
私はここしか知らないわ! などどいい、もう聞く気もない!

で最後に若い新入社員らしき男 この子はすばらしかった!
僕のジャスチャーを見抜いて
あー スコッチ ね。 と言って
その場所へ連れて行ってくれた。
そういや日本でもSCOCHってメーカーのセロテープ売ってたねーw
全く忘れてたよ。見かけないモンね!

MAIS,まさに、メルシーボクー
あの子は日本人のように、気が利いているやつだったw。
えらいぞ。

パリのフルーツショップはおいしそう

パリの薄い茶色の石の町並みに自然の色が映える店があった。
お店の人の声が聞こえてきた。
ここは果物屋さん、寒い町並みにもここには春が来ていた。
人と人が会話して物を選んでいるなんて、今の日本の都会では無言で物をとってレジに行くだけの無機質なお店が多いので、懐かしささえ感じられる。
でも、コミュニケーションが文化をつなげるのだし、これが人間の自然な姿だよね。07france%20%28148%29 - パリのフルーツショップはおいしそう

部屋の金庫

ホテルについて一息 着いた。
荷物も広げて 部屋のクローゼットの中に金庫があった。

説明書き があったので、読んでみたよ。

Coffre fort mode d’emploi.

Pour prog rawmer votre code.
1.Ouvrir la porte du coffre.
2.Appuyer sur la touche ENTER.
3.Taper votre code secret de zaq chiffres.
4.Appuyer sur la Touche ENTER.
INPORTANT
SVP venillez laisser coffre ouvert lors de votre depart merci.
Pour des raisons de securite,le coffre sera blogue.
Pendant 5 minutes 3 combiasions errornnees ont ete essayees successvement.

こんなことです。
金庫の空けるのにはエンターを押して暗証番号入力してくださいでエンター押す。
大事なことは暗証番号わすれるな、5分たったり3回ミスすると開かなくなっちゃう。

説明書きが無い所もある、前のホテルは無かった。電話でフロントに聞くしかないが、
書いてあれば、たいしてフランス語読めない僕でも分かる。
でも、お金は別に隠してたwそんなに持ち歩いてないし゛;`;・(゜ε゜ )ブッ!!ww