ポンデザールPont des Arts

セーヌ川には30以上の橋が架かっていますが、その中で車が通らないはしがこれです。
美しい形ですね。
キャッキャッ(*゚∇゚)(~∇~o)キャッキャッ

床は木製なんですよ。
映画にも結構登場しているので、知っている人も多いのでは?
ポンデザールPont des Arts 名前も芸術橋
でも この橋が芸術ではなくてルーブル宮殿(今の美術館)がARTSなんです。
でも何度も船が衝突したり 戦争で壊れたりと 大変なことばかり、
※q(^‐^*)/※ファイトォオオ!!※\(*^‐^)p※ チアガール♪
なので、足の本数を9から7に減らして 船がぶつかりにくいように変えたらしい。
だからまだ直して20年ちょっとしか経ってないんだオー。
07france (19).JPG

フランスで一番の長さの川はなんでしょう?

ここはパリ市内でもコンコルド広場へ続く橋、セーヌの川は流れが硬いものが流れているような感じがする。日本の川はさらさらとしたイメージだし、関東で言う荒川の流れは水の色が違う。

セーヌは緑いろ、もっと綺麗なものか?と勝手に想像していたが、なんかちがーうと思った人は多いんじゃないかな?
ちなみにセーヌは2番目の長さですよ。一番はロワールなんだそうです。
フランスの中央を流れる中世の町が点在していた歴史の中心になっていた川ッです。
セーヌのシテ島からフランスは栄えていったし、ルーブルへ左側から入れるように橋を架けたのはナポレオンと、フランスの歴史とともになんですね。
07france (30).JPG

川沿いの店

セーヌ川の岸の上にこういう店が沢山あるはずなんだけど、季節柄か殆んどしまっていた。
何を売っているかといえば、お土産か古い本関係かな?
お土産は絵葉書だったり、なぞのアイテムだったり、それほど僕には宝の山には見えませんでした。
チラッと横目で見ながらとおりすぎて行ったんだけど。
とりあえず何が売っているのはみてみたけどねw

これはお店があるからいいけど、道の真ん中で風呂敷みたいな物を引いてその上にエッフェル塔の置物なんかを売っている黒人が沢山いましたけど、見て見ぬふり。
だって、愛想よく答えていたイギリス人がしつこく買ってくれってねばられてたし。
07france (11).JPG
ブキニスト

エッフェル塔の横にあったはずのトイレ

エッフェル塔の横にあったはずのトイレへいってみた…
なんんてことだ!

時間で閉まってしまうらしい。
なんだよー まぁ いいかと 歩いて帰ろうと 思ってあるきだした。
エッフェル塔の周りには軍人があるいていたのはびっくりだった。
本物のゴルゴ13がもっているような銃を3人の男達がグループで
巡回している。

それを横目でみながらあるきだしたらなんか公園のほうなのだが
何処を歩いていても凱旋門方面に道は続いているはずだったので
気にもせず歩いていた。

おかしい…
いつまでたっても雰囲気が違う…
結構歩いた、公園なので、マラソンしている人たちとすれ違う。
走る方向は決まっているようで、全員すれ違うのだった。 片道約1km ぐらい なかなか 到着しないまま 歩き続けたあげく なんと
陸軍士官学校の 前にでてしまった。

なんておばかさん
正反対の方向に トイレを我慢しながら 歩いてしまった。
この位置からだと、凱旋門方面への地下鉄は乗り継がないと無い。
エコールリミテール駅からアンバリット駅乗り継ぎでシャンゼリゼクレマンソー駅乗り継ぎでアルジャンティーヌ駅がホテルの近く

はっきり言って地下鉄でもらったメトロマップはこんな街頭の薄暗いライトの下では
字が1mmも無いぐらいの大きさで書かれているので、見えない。
乗り継ぎも断念してまた公園を1周して帰ることにした。

エッフェル塔まで戻るのに約1.5km(回っているから)
そこから凱旋門まで2km弱
がんばってトイレを我慢しながら帰ったねー

公園の中にミニサッカー場があって、そこで暗い中、サッカーをやっている人達がいました。子供も大人もまじって盛り上がっていました。でもかなり暗い
さすが、サッカー王国フランスw

エッフェルとイギリス人

段々切符売り場にちかづいた。数段の階段を上って切符売り場で切符を買う。
言葉ってのはやっぱり丁寧なほうが 何処の国でも愛想がいい、SVPを つけるだけでも違う。(なかなかSVPって言えそうで言えないんだよね、日本風の話し方風なイメージだと。)

それで、僕を最後にエレベーターに乗る人は区切られた。
イギリス人親子と一緒、降り口と乗り口は別な扉が開く。
業務用エレベータに乗ったことがある人ならわかるが、そんな感じのガラス張りのもの。(でかいってことね)
07france (50).JPG
エレベータの操縦は男一人、ガラスの外を良く見ると昔のエレベーターを操縦していた人の人形が付けられている。
むかしは外に座って操縦していたらしい。結構寒いし怖いだろうね。
だってイス以外なにも無いんだもんw。

エレベータは斜めに上がっていく、途中でがくっ と止まった。
他の人やイギリス人親子も扉が閉まった状態でなかなか発進せずに止まったままなので不思議がっていた。
僕はプルミエタージュ とその人に教えてあげた。
納得したらしい。

切符は2F(日本だと3F)まで買っていたので、最初の階で降りる人は乗り口が違うらしくエレベーターは2階建てになっていたのだ。 びっくりデス!

そして、1F(プルミエタージュ)でみなが折り終え、また上昇し始めた。
そして2Fへついた。
もう一つ上は たぶん寒いだけだろうし街も日本みたいにネオンやライトが光り輝いているわけでもないので、つまらなそうと思って2Fにしたのだった。

2F は広かった、 端のほうへ歩いていくと そこには 2F(ドゥーズイエメタージュ) のエレベーターをでて 外のほうに歩いていくと
そこは夜のパリの街が見えた。

端のほうには案内標識がこちらの方角は何が見えるとか、セーヌ川沿いに ライトが 浮かび上がっていた。
パリの街は 夜のナイトクルーズ 用の ライトアップされた 建物以外は
東京のように街全体が明るいわけではない。

端は2段になっていた。デジカメはもうとっくに電池切れ、思い出したのが、携帯電話
ちょっと古い型なので撮影はギリギリって感じです。
それでビデオ代わりにしたんだけれど、帰ってきてから、パソにお落とせないのです。とってもがっかり。

まぁとりあえず 目に焼き付けておこうと一周ぐるっと 見渡したのでした。

なかにはレストランがあってとってもいい雰囲気 でも おなかがすいているわけでもないので、 展望台のお土産やで お決まりのエッフェル塔関係のものを 買ってしまった。 さすがにエッフェル塔ミニチュアは買わないけれど、友達にあげるにはお約束ってかんじのものw。

下から見てもさらに3Fは高そうだ、もし 又来ることがあればにとっておこう。
2Fには下におりる階段があるのでせっかくだからエレベーターではなく階段で降りてみることにした.
お土産やまで一緒だったイギリス人ももういない。
階段の降り口はたまたま通りがかったので、普通だったらエレベーターで降りてしまうんだけど、だれも階段を使っていなかったので、行きたくなった。

階段は明るく照らされていて、幅は1.5mぐらいの鉄の階段、折り返してぐるぐると降りていく。
途中からみえる街の景色も結構面白かったなぁ。
適当に降りたかなって所で踊り場にエッフェル塔のパネルが飾ってあって
、それが何種類もある様子。
降りるのは楽だ、でも結構長いかな、そろそろ1F(日本の2F)へでないかなと
ややへたりかけたらつきました。
ヤッターU\(●~▽~●)Уイェーイ!

そこのフロアは上のフロアよりももっと広かった。
上の階を見上げるとやっぱり結構高い
地面が近づいたが、街の景色ももっと近い感じだが、やっぱり、もう一つ上の階が面白かったな。:*:゜・☆ヾ(TωT。)

こんんどはエレベーターで降りる。なかなかタイミングが合わないと降りてこないので結構待ちましたが、降りるときは結構上から見えた景色が段々近づいていく、下へ降りると乗り口と反対側の塔の足からでてきた。

パリはトイレがなかなか ないので エフェルの横にあったのを思い出した
∥WC∥ヽ(・o・)。。。

エッフェル塔での出来事

昼に行ったらとてつもなく混んでいた。切符を買うだけでも2時間ぐらいは、かかりそうなぐらいの行列。
でも夜の11時ごろまでは、やっていると聞いて又 夜にでも来ようとおもった。

とりあえず昼は違うものを見て夜7時ごろにまた訪れた。
それでもエッフェル塔は結構並んでいたがこのぐらいならまだ我慢できそうと 並ぶ事にした。
パリのシンボルタワーといえばパリの万博の時に建てられたエッフェル塔。
エッフェル塔は鉄を繋ぎ合わせる楔を熱い鉄を型に挟んで鉄骨を繋ぎ合わせたっていうディスプレーが展示してあるんだけどそれは各階によって違う。
階段でも上がることはできるが年齢制限はあるみたい。
07france (31).JPG0Fはレドショッセ、1Fはプルミエタージュ、2Fはドゥージメタージュ、3Fは天辺の階トロズェメタージュ。
0Fで切符売り場があり、各階へ行くのに値段が違うので、切符を買うために並ぶのだ。
各階への価格は切符売り場の上の電光掲示板に値段が書かれていた。

とにかく並ばないと切符を買えないので並んだのです。
僕の前はイギリス人女性と連れの子供.

エッフェル塔の切符を買うのに並んだのだが、蛇行して並んでいるので結構長い行列だった。
僕の前はイギリス人の太めの女性と小学生前ぐらいのこども。
この子はよく見たら、長袖の手がぶらぶらしている、もしかして腕が無いのか?
しばらくずっと見ていたが袖の中身は無い様子、なんて不憫な子供と思っていた。
行列がちょっとづつ進む。

後でわかったのだが、行列はエレベータに乗れる人数ごとにしか進まないのです。だから大体20人ぐらいづつですね。
30分ぐらいして、あたりが暗くなったところでエッフェル塔の電気が点灯した。
真下から見ているがきれいなものだ、東京タワーよりもエッフェル塔は小さいがとても上品なのだ。

その頃行列は1列になって進む幅まできた。
直前に団体入り口とほぼ近いので、変に間違うと団体入り口になってしまいまた後ろの列に並ぶ羽目になるのだから気をつけて。
夕方7時を回るとちょっと寒かった、さっきの少年は長袖一枚ぽく下着を合わせても2枚だった。こりゃ寒そうだなと思ったら。こどもはもう、とっくに寒かったらしく両手を体にくっ付けていたのだ。袖がブラブラしていたのは体の方に手を入れていたからだった。

なんだとちょっと落ち着いたが、勝手に創造しただけな僕が悪い、それからしばらくたって行列はチケット売り場に近くなってきた。腰ぐらいの鉄の柵にはさまれた順路なので変に行列から離れられない。
そのときイギリス人女性が子供に何かを話している
07france (45).JPG
何かを握り締めたこどもは柵を越えて切符切の近くの売店に向かっていった。
子供はインスタントのカメラを買いにいったようだ。
カメラを買った子供は戻ってこようとしたが、いかんせん背の高い人ばかりで
母親を発見できない。

こちらからは見えるが子供からは見えない、
子供はどこにいるのかわからずきょろきょろしている。
母親はここの狭い柵を越えていけそうに無いし、でもいかないと子供は…
みたいにちょっとうろたえ始めたので

すかさず 僕は
What his name?!! 名前は?!!
母親は名前を言った。

まぁー こんなときに思うのもなんだが なんて難しい発音の名前なんだー
カタカナで書けばデレンと書くのだろうが
発音でいくと ディァレ(L)(ン)
うまく発音できるのかわからないがとりあえず

大きい声で (*゚ノO゚)<イディァレ(L)(ン)

なかなかいいぞ こどもは 気がついたようだがどこからか、わからない
ようなので、僕は手に持っていたフリーペーパーを振りながらもう一度
大きい声で (*゚ノO゚)<イディァレ(L)(ン)

気がついた、こどもは 走ってこっちにきた。
母親は僕にお礼を言った。
僕は Je vous en prie. (どういたしまして)これは結構よく使うフレーズだった。

こどもは無邪気に喜んでいる。
ぼくは周りの人からイギリス人の夫婦だと思われているような雰囲気になった。

信号機

ナポレオンが道路に決めたこと知っていますか?
赤青黄色の信号はパリでも同じ、車は右側通行、右側優先、シートベルトは付けなきゃいけないのは同じ。制限速度も50kmみたいね。パリの街中はそんなに出せないはず。

なぜ右側通行なのかって言うと、ナポレオンが戦争の為の事情で馬車や兵隊を右側通行にさせたらしい。イギリスはフランスに征服されていないので、左側通行なんだってさー。日本は刀が左挿しの影響ってきいたけどね。
横断歩道の信号だけは何種類かありました。

これは三角の歩きの表示これが消えていると渡れません。
日本と車の道路標識が少し違うのもあるので、車のレンタルする人は気をつけてね。

ちなみに赤でも人は渡ってきますよ。07france (77).JPG

小さな水のみ場

こんな小さなライオン≡・ェ・≡ライオンから水がちょろちょろでてますね。
これは 犬用の水のみ場。U^ェ^U ワン!
結構パリの街中は犬はありですという感じが強い、だから犬のウンチもあちこちに落ちている。ヘU^ェ^U オテ!

石の道だからそのまま残っているんだけど、歩道が狭いからよそ見してると、
グニョっと踏んじゃうから気をつけてね。
僕はノーミス でしたけど゚( ゚^∀^゚)σ゚。
のどか湧いてもここで水飲んじゃだめよw
∪o・ェ・o∪きゅ~ん♪

071fr (3).jpg

でも ネコ街中で全然見かけなったなぁー?

パリの飲み物自動販売機

よくある調査で日本に来た外国人が珍しがって写真をとるのが自動販売機らしい。
パリで自動販売機を見かけることはまず無いんだけど、地下鉄の駅構内だけは見かけた。
2ユーロ(¥360ぐらい)もするのだ。日本で言うとおつまみやスナックが針金がグルグルして物が落ちてくるあのタイプのジュースの販売機。
お金は丸く開いた隙間に乗せてレバーをスライドさせてお金投入!

あまりにも喉が渇いたので買ってしまったが、通常は水のペット500mlをいつもカバンに入れていた。

ここソルフェリーノ駅はオルセー美術館やロダン美術館サンルイ教会が近い。
フランス語になれるなら 地下鉄に乗っていると駅名をアナウンスするので、発音だけでなく、街の位置関係なんかも分かる、色んな人が乗っているのでのったほうが面白い。
切符は最後まで捨てないでね。
ちなみに 出口 は SORTIE です。