6b4cf7125dc05b4ed136c6bde41799a7 - ICFとスターボード社がカヌーイベントで発生するCO2相殺のために地球環境にやさしい配慮を始めたよ

ICFとスターボード社がカヌーイベントで発生するCO2相殺のために地球環境にやさしい配慮を始めたよ

ニュースなど
CKNM オリジナル Tシャツ新作続々登場です
title1117pr600px 1 - ICFとスターボード社がカヌーイベントで発生するCO2相殺のために地球環境にやさしい配慮を始めたよ

ICF国際カヌー連盟と環境および製造パートナーであるスターボード社は、ICFイベントで発生すると考えられる二酸化炭素排出量を削減するための長期的なパートナーシップの初年度に、地球環境をサポートする行動をとりました。

pub kanunohon02 - ICFとスターボード社がカヌーイベントで発生するCO2相殺のために地球環境にやさしい配慮を始めたよ

 自然環境を利用したスポーツの一つとして、自然をまもり、環境破壊や地球温暖化を抑制し、未来でもカヌーカヤックなどのナウティック(水に関する)なスポーツが楽しめるようにするためには、一人一人の努力と未来環境を重大に考えている人たちの手によって守られていくのが使命となってきました。カヌイストやカヤッカーであれば、地球保護の為に自身で意識して行動する事も必要ですが、そんな中、国際カヌー連盟の競技のスポンサーなどをしている競技道具などの製造メーカーであり、地道な環境問題へ取り組む努力をしつづけるこの企業がICFと共に環境問題へ取り組む姿勢を発表しました。

※スターボード社はSUPやウィンドサーフィンの用具などの開発販売を行っていますが、大きな特徴として、地球環境にやさしい行動をとることを理念にマングローブの植樹活動や、製造物などに環境問題で発生したリサイクル可能なモノを使用しています。

2021年、いくつかの選ばれたICFイベント会場への交通により往復で排出された二酸化炭素を相殺するために、約8000本のマングローブの木が植えられます。ハンガリーのバラトンフレドで開催されるICFスタンドアップパドリング世界選手権は、10倍のカーボンプラスとなり、イベント中に放出される推定400トンのCO2を相殺するために4000本以上のマングローブの木を植える予定です。

また、2021年に開催されたホワイトウォーターイベントで発生する排出量を相殺するために1500本のマングローブの木が植えられ、さらに特定のフラットウォーターイベントで排出されたCO2を補償するために2100本以上の木が植えられる予定です。

航空、道路、鉄道、船舶の移動に関するデータは、行われたイベントのために計算され、カーボン・フットプリント・UKが作成したカーボンフットプリント計算システムに入力されました。SUP World Championshipsが排出する1トンのCO2に対して、10本の木が植えられ、その10倍のCO2を吸収することができるようにすることを目標としています。

※なぜ、マングローブなの
「マングローブの森には、二酸化炭素の吸収・固定を通じた地球温暖化防止効果のほか、生きものたちの「命のゆりかご」となって、生物多様性の保全や豊かな漁業資源が地域の人々の暮らしを支えるなど多様な効果があります。また、2004年のインド洋大津波や2013年の台風ハイエンの際には「みどりの防波堤」となり人々の生活を守ったと報告されており、2014年秋には国連環境計画(UNEP)がマングローブの防災効果に言及した報告書を発表しています。」(環境省より抜粋)

ミャンマーに植樹

ICFとStarboardスターボード社は、Worldview International Foundationと提携し、ミャンマーに植樹を行います。
スターボード社のCEO、スヴェイン・ラスムセン
「ICFの未来志向のリーダーシップのおかげで、ウォータースポーツは環境保護のための活発な声になることができます。次のステップは、すべてのスポーツが参加し、森林破壊の流れを変え、むしろ森林再生がトレンドになることでしょう。2024年に10×Climate Positive Parisを開催し、強力な環境保護プラットフォームを構築するのはどうでしょうか?」

ICF会長のトーマス・コニエツコ「世界中のカヌースポーツが、彼らにとって大きな意味を持つ環境保全のために役割を果たすことが重要である。世界中のカヌーファミリーは、常にさまざまな生態系と接触しています。彼らは、これらの環境にかかる圧力を直接目にすることができます。彼らは水路の保護に熱心に取り組んでおり、スポーツリーダーとして模範を示すことが私たちの責任です。スターボードのような気候変動活動家とパートナーシップを組むことで、私たちは影響を与えることができるユニークな立場にあります。私たちはすでに、主要なイベントをカーボンニュートラルにするために取り組んでいます。これは最初の一歩に過ぎません。私たちは、アスリートと将来の世代のために、それを行う義務があるのです。」

2022年には、ICFとスターボードは、パートナーシップを拡大し、すべての主要競技を対象に、国際シーズン全体をカーボンニュートラルにすることを目指します。また、ボランティアや現場チームを含むすべての参加者の移動の詳細を収集するため、より効果的な方法を導入する予定です。

また、廃棄物の削減、コンポスト化、各イベントでより影響の少ない材料の調達など、さらなるアクションが実施される予定です。

訳+解説 FOCHMAG.TOKYO


資料
CO2 EMISSIONREPORT
https://blue.star-board.com/wp-content/uploads/2022/01/ICF-Event-Carbon-Footprint-Report-2021.pdf
環境省:https://ondankataisaku.env.go.jp/funtoshare/entry/list/010787_4.html

b3330b31e37ec7263946610dc7db3e9b - ICFとスターボード社がカヌーイベントで発生するCO2相殺のために地球環境にやさしい配慮を始めたよ
puv cknm0012 - ICFとスターボード社がカヌーイベントで発生するCO2相殺のために地球環境にやさしい配慮を始めたよ
canoekayakbooks - ICFとスターボード社がカヌーイベントで発生するCO2相殺のために地球環境にやさしい配慮を始めたよ banner t note - ICFとスターボード社がカヌーイベントで発生するCO2相殺のために地球環境にやさしい配慮を始めたよ
パドルが流されないようにリーシュをつけるといいかもね。
q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07TYYFL2R&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=foch20101010 22 - ICFとスターボード社がカヌーイベントで発生するCO2相殺のために地球環境にやさしい配慮を始めたよir?t=foch20101010 22&l=am2&o=9&a=B07TYYFL2R - ICFとスターボード社がカヌーイベントで発生するCO2相殺のために地球環境にやさしい配慮を始めたよ