iinu news olympic - 東京オリンピックどんなことでも開催してやる姿勢

東京オリンピックどんなことでも開催してやる姿勢

ニュースなど
banner t note - 東京オリンピックどんなことでも開催してやる姿勢
パドルが流されないようにリーシュをつけるといいかもね。
q? encoding=UTF8&MarketPlace=JP&ASIN=B07TYYFL2R&ServiceVersion=20070822&ID=AsinImage&WS=1&Format= SL250 &tag=foch20101010 22 - 東京オリンピックどんなことでも開催してやる姿勢ir?t=foch20101010 22&l=am2&o=9&a=B07TYYFL2R - 東京オリンピックどんなことでも開催してやる姿勢

2020年8月26日、菅官房長官は記者会見で「東京大会におけるコロナ対策については、出入国管理、さらに検査・医療体制、会場運営などの幅広い課題を総合的に検討、調整する必要がある」と述べ、来月以降、東京都や大会組織委員会との間で会議を開き、具体策を取りまとめていく考えを明らかにしました。

菅官房長官「アスリートや観客にとって、安心で安全な大会の実現に向けて、東京都や組織委員会とともにしっかり議論を進めていきたい」

pub kanunohon02 - 東京オリンピックどんなことでも開催してやる姿勢

開催するにはどのような対策を行えば良いのだろう

この問題に対して有識者等を集めた会議を行うと言うことになりました。
選手をどのように国内に入国させ競技場へ到着させ、競技を行い帰ってもらう。

選手村の利用など、浮かれたおはしゃぎは濃厚接触になる為に許されないと思われ、本当に一時的に滞在するためだけのビジネスホテルのような利用となりそうです。

もちろんコミニュケーションを取り合うことなどでも、接触距離が限られ、国内に新たなウィルスを持ち込まれないようにしなければならず、また、海外の武漢コロナウィルスの沈着状態によって、入国できない場合も考えられ、入国させるなら、数週間の感染症状確認期間を設けていなければならず、かなり大会としても全選手がそろうということも難しいと考える必要があるかもしれません。

東京オリンピックが終わらなければ、その後の施設の再利用のテーマに進まないために、現状の維持費が膨らみ続けることになります。

来年に予定された大会をどのように開催すべきなのか、行政のホームページなどチェックしておけば、現状の状態など議事録が掲載されるかもしれません。

競技団体も、その受け入れ方や、来年度の選手再選考をおこなうか否かを秋にははっきりさせなければならないでしょう。

来年オリンピックが100%行われるかどうかについては春には決定させるはずですので、冬のトレーニングも怠らないようにしておきましょう。再選考になれば自分にチャンスが回ってくる可能性もあるわけですから。

 

b3330b31e37ec7263946610dc7db3e9b - 東京オリンピックどんなことでも開催してやる姿勢
puv cknm0012 - 東京オリンピックどんなことでも開催してやる姿勢
canoekayakbooks - 東京オリンピックどんなことでも開催してやる姿勢