iinu news sns - なぜ世界の選手はSNS発信について指導されるのか

なぜ世界の選手はSNS発信について指導されるのか

その他
banner t note - なぜ世界の選手はSNS発信について指導されるのか
icon Follow en US - なぜ世界の選手はSNS発信について指導されるのか

日本も世界も今や瞬時に繋がっている世界。
単なる通信であれば、一昔前なら、ポケベル。
その前なら文通。
しかし、それらは、世間一般に意見を言う物では無かったのでした。
自分の意見を言う場所としては、ショートフレーズを載せる,専門雑誌で楽しむことや、ラジオに投稿して読む深夜の若者向けの番組ぐらいでした。

pub kanunohon02 - なぜ世界の選手はSNS発信について指導されるのか

子供をみれば、その環境がわかる

日本では、「子は親の鏡」と言う言葉があるように、子供を見れば親がわかると言うことは根付いています。
利口な者は、世間の大人から、立派な親に育てられたとか、周りに良い人がいるのだろうと褒めてくれます。
バカな行動をする子供なら、昔ならしかる人もいたが、今やキチガイと紙一重な者もおり、黙ってスルーされる時代。
子供がバカなら、親もおかしい奴であることはほぼ間違いないと言えるでしょう。
そして、その人の周りにいる人も、ろくでもない人だろうと思われてしまうということになります。

昨今ツイッターやフェイスブックなど海外でも未だ投稿は多く、日本でもSNS利用の波はありますが,多くの人が行っています。
そこで、小さなコミュニティである例えば学校の仲間内だけの言葉を、SNSで発信してしまうと、本人の思いも寄らないところで、大人も他人も見ているのです。

そう、ここで、前記のバカか利口かを判断されてしまうのです。

バカな言葉や誘導などを行う人をチンピラまがいな、今風の言葉で言えば輩(やから)とでも言うのでしょう。
頭がおかしいと、完全に判断されてしまうのです。

その人の周りが、迷惑を被ることになってしまうのです。

社会人は何を見ているのかを知りましょう

気がつきましたでしょうか?
スポーツマンは学校で行おうと、学校外のクラブで行おうと社会の目に触れており、そこの団体として何かを言えば、それは、他人にどのように受け止められるのかを知っている必要があるのです。

団体の長が言えば、それはその団体の意見を発信したことになります。
団体の大人の一人が言えば、そういう指導(誘導思想)などをしているとよぎられます。
団体の子供が言えば、それは、その子供がどのような教育を受けているのかを知られているのです。

つまり、SNSであろうとも、それ自体を発信したことで、その人の周り全体が,その発信内容の印象を強く受けた見方をされる入り口に立ってしまっているのです。
その発信が強烈であれば、一発でそのような人達と見られること。
発信内容が弱くても,何度か印象的なことを言えば、その方向性の思想を持つ人達と言うことに見られていくのです。

SNS発信内容の注意として、最初の項目は、子供同士のつもりで話かけても、それが大人を囲んだ中で同じ話をしていると言うことです。
大人は子供の発言を容認しません。なぜなら、社会を知らない人達の意見をぶつけられても、社会人としての判断がそれを却下することになることが多い、そう判断されてしまうような内容だからなのです。

公人として?

SNSの発信は子供とて公人として見られていることがあると言うことです。

立派な選手達は、インタビューでも大人が納得できるような礼儀を踏まえた的確でスマートな言葉を選んでいます。
あなたが、大人になっていく時に会社でまともな言葉が出るか出ないかで、将来性を感じ取れるかどうかを判断されるのです。
面接はその入り口。言葉はまともでも、目の奥はごまかせません。
日頃から、大人とコミュニケーションを取る未成年の時代を過ごすことは、あなたのスキルとして社会人でリードできる大きなものとなるはずです。

まとめ

海外のSNS発信については,数年前にヨーロッパのある国の指導内容を記事にしたことがありますが、げんざいのWEB にあるかどうかわからなくなったので、掴みだけ書きました。

それ以外にも、SNSの揚げ足取りからの都合の良い記事に変換されるなどの手口もあり、選手として、マイナスな行動を取ったときに必要以上に取り上げられつるし上げられてしまうリスクをも含んでいるのがSNSの発信なのです。

簡単ですが、このようなことを教えてくれる大人はほぼいないでしょう。
私も、人との出会いでもっと良い人に当たれれば良かったなと感じることもあります。
自分が、スポーツも勉強も趣味も上達するには、多くの良い人との出会いが重要であると感じています。

それを生かすためにもSNSの利用の仕方をもう一度考えて、BUZZを目指すのでは無く、FUTUREを目指した書き込みをしてみてはいかがですか。


その他・・・・

将棋の高校生で7段になった藤井さん。彼も、大人に通じるようなことを子供ながらに話が出来る素敵なかたです。
しかし、おかしなゴシップ誌の罠にかけられて、おかしなとらえ方をされた記事になってしまったことがあるのです。
インタビューで有名な紙面をもつ出版社であっても、ゴシップを臨む奴らがいると言うこと。それらは大人がついていても、防げないこともあります。勝手に一部をつまみ上げて都合良く作られたストーリーに組み込まれ書かれてしまう。
政治などでは、お金を払ってプロパガンダを行っている政党(直接で無くわからないような組織がある)があり、うわべだけを見ている人では簡単に欺されてしまう。しかし、それらが政権を取ることは無いことは、ほとんどの大人は見抜いていると言うこと。

一つの発言が、退学になったりしてしまう。
子供の考えは甘い事を痛感させられる事態に発展することさえある時代なのです。

icon Follow en US - なぜ世界の選手はSNS発信について指導されるのか
b3330b31e37ec7263946610dc7db3e9b - なぜ世界の選手はSNS発信について指導されるのか
puv cknm0012 - なぜ世界の選手はSNS発信について指導されるのか
canoekayakbooks - なぜ世界の選手はSNS発信について指導されるのか