フランス滞在も長くなってきたのでパンツでも買おうとデパートへいった。
ラファイエットは男性下着の売り場が広いので選びがいがあるが、ほとんどの店員が女性なので、はずかしい。

フランスの下着よりアメリカのブランド物ばっかりが目立っていたのですが、日本の下着と違うのは穴が無いのばっかりなので、余計にピチッっとした感じになる。

サイズが分からないので迷っていたら、
女性の店員が来て
)(o*~∇~)o「どうしました?」
ξ〃’ω’)ξ サイズどれがあうかな?

手に持っていたボクサータイプのパンツのカッコが気に入っていた、さいずが5種類ぐらいあるので、
海外版のLでも大丈夫かなと思っていた、外国サイズはでかいが、フランス人は僕ぐらいなのでそれほどでもない。
店員はどれ とぼくの持っていたパンツを取って僕の腰からあててみた。

びっくりしたーwww
(o*~∇~)oいいわ! 丁度いいわよ。
ξ〃’ω’)ξ そうか
(o*~∇~)oこれでいいの?
ξ〃’ω’)ξ もう一枚違うのが欲しい
(o*~∇~)oどれがいいの?
ξ〃’ω’)ξ 色違いの黒にしよう
同じサイズを選んでもらった。

フランスの女性もやや大きい人はいるが、それほど大きくないひとも結構いるので
威圧感もなく買い物ができた。
この写真はパンツのタグ強烈だよねw
¥3000-ぐらいのパンツだけど、結構な履き心地できにいりました。