プレートの夕飯 フランス旅行で食事を安く

レストランで食べなきゃカフェか総菜屋かパン屋しかないこのパリの街で、色々歩き回ってセルフサービスの軽食屋を見つけた。
ここは何店舗かあるチェーン店ぽいつくりの外観だ。
イタリアフードみたいなことが書いてあるがとにかく入ってみよう。
自動ドア|≡ヾ(*゚▽゚)ノ ♪
入るとトレーが置いてありそれを持って適当にお皿に盛るのだ。
好きなものを好きなように盛っていい様子、でも温かのが食べたいなー
と横を見ると、グリルが置いてあるではないか、
やったー
そこに50過ぎのおじさんが並んでいたので何食べるのか見たら、
まさに 草履 ∑( ̄ロ ̄|||)草履のようなハンバーグステーキの平べったいのがお皿に乗せられた直後だった。
こりゃデッケーなと頼む決心をしたが、違うものは無いのか?
カルフにステーキと書いてあるのでそれにしようと注文した。 |^・ω・)/ ボンジュ ステーキ一丁♪
鉄板の下の冷蔵庫からまたでっかい 肉を 取り出した。
それを無造作にグリルに乗せてジューと女の子の店員は焼きだした。
こういう店の店員は何処の店に行ってもテキトー な雰囲気が否めないのは僕が日本人だからなのか?

それはともかく焼く!
ジュー

ひっくり返す
ジュー

ジュー
肉がだんだん小さくなってきた。

でも
ジューヾ(ーー )ォィ

途中でバイト終了時間なのか?焼く人が交代した。
また
ジューヾ(–;)ぉぃぉぃ

オイオイ味付けもしないで何時までやくのかな?
と思ったがジュー(;´Д`) “`

僕はたまらず
C’est bon!

焼くのは終わった。
長いジュージューテンプ(TIME)だったが焼き加減は許せる範囲だった。

Mais、最後まで、塩、コショウはされなかった気がする…?!
ジュージュー 焼き焼き!された肉は白い25cmぐらいのプレートの上にレタスとともに無造作にのせられた。
この後はフードバーのようなところから適当に盛り付けるのです。
好きなだけ!
イェーイヾ(@⌒▽⌒@)ノワーイ!
イェーイ??ヘ(ё_ё)ノ ワーイ
なんだかサラダばかりだけど、うまそーじゃない。
これが一番大きな問題だ。
いくら好きなだけといっても食べたくないもの盛り込むつもりはない。

とにかくもってみた。ご飯もある
やっぱりご飯だろうとおもって盛り付けてみたが、感触がパサパサライス
つまりご飯もサラダあつかいなのです。
レンジもあったが温めるのはやめた。
水を持ってきて食べようっと。
o(~ー~o)イタダキ♪
味がやぱり無い 肉は味ついてないしサラダも味はない。
ドレッシングみたいな気の利いたものらしきものはあるが
似て非なるもの
なんか微妙な味。
うーん(=゚ω゚)
でも肉は肉!
松坂牛なんかでは、まるであるわけも無く、食べた。
周りの人たちはフライドポテトを食べている人が多い、それも皿いっぱいに盛りすぎだろーってぐらいポテト。
071fr (5).jpg
フランス人だからってジャガイモばかりなのか?
とりあえず、トレーを片して店をでた。
おなかはいっぱいには違いない。
これでも安いほう7.5ユーロ(¥1200)なのだ、安くて(他はもっと高い)腹いっぱいなんてなかなかないものw
たぶん日本で1200円払って、これが出てきたら喧嘩になるかもしれないww

投稿者:

Canoe Kayak Net Magazine WEB

Canoe Kayak Net Magazine 世界中の競技や動画やニュースなどを紹介!関連本も読んでみてね。